Raspoops のセットアップ手順 anchor.png Edit

Page Top

初期セットアップからシステムアップグレード anchor.png Edit

  1. Raspbian のダウンロード
  2. microSD カードに焼き焼き
    • RPi Easy SD Card Setup - eLinux.org を参考に Linux 機で焼いたので
      dd bs=4M if=2015-02-16-wheezy-raspbian.img of=/dev/sdc
      of の引数は df などで何度も確認し、絶対に間違えないように!
  3. LANケーブルつなぎ、microSD をセットしいざ起動!
  4. IP アドレスを確認し、SSH 経由でログイン user:pi pass:raspbarry
  5. 6dae1b01.png "sudoraspi-config" でセットアップ
    1. ディスクパーティションの拡張
    2. ロケール設定 ja_JP.utf8 をデフォルトに
    3. タイムゾーンの設定 Asia/Tokyo
  6. vim をインストール
    sudo apt-get install vim
  7. システムのアップグレード、安定版の wheezy からテスト版の jessie へ (PHP 5.6系を使いたいので*1)
    sudo vim /etc/apt/sources.list

    wheezy を jessie へ書き換え

    sudo apt-get update
    sudo apt-get dist-upgrade
    sudo apt-get autoremove
Page Top

Web サーバー構築 anchor.png Edit

  1. Nginx
    sudo apt-get install nginx
    sudo mkdir /var/www
    sudo chown www-data /var/www
    sudo chgrp www-data /var/www
    sudo -u www-data mkdir /var/www/html
    
    vim /etc/nginx/sites-available/default
    root = /var/www/html
    server_name pi.hypweb.net;
    
    sudo service nginx restart
  2. PHP
    sudo apt-get install php5-cli php5-curl php5-fpm php5-gd php5-json php5-mcrypt php5-oauth php5-sqlite
    
    vim /etc/nginx/sites-available/default
    location ~ \.php(/|$) {
        fastcgi_split_path_info ^(.+\.php)(/.+)$;
        if (!-f $document_root$fastcgi_script_name) {
                return 404;
        }
        # NOTE: You should have "cgi.fix_pathinfo = 0;" in php.ini
    
        # With php5-fpm:
        fastcgi_pass unix:/var/run/php5-fpm.sock;
        fastcgi_index index.php;
        include fastcgi_params;
        fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
        fastcgi_param PATH_INFO $fastcgi_path_info;
    
        # set timeout
        fastcgi_read_timeout 300;
    }
    
    sudo service nginx restart
  3. MySQL
    sudo apt-get install mysql-server mysql-client php5-mysql phpmyadmin
    
    sudo ln -s /usr/share/phpmyadmin /var/www/phpmyadmin
  4. Postfix
    sudo apt-get install postfix

    PHP からのメール送信でのみ使用するので、インストール時に表示される画面でサテライトシステムを選び、送信に利用する SMTP サーバーを設定

Page Top

XOOPS X (ten) インストール anchor.png Edit

  1. 予め、XOOPS 用のユーザー・データベースを phpMyAdmin で作成しておく
  2. XOOPS X のルートを /var/www/html/xoopsx xoops_trust_path を /var/www/trust とします。
    sudo -u www-data mkdir /var/www/html/xoopsx
    cd /var/www/html/xoopsx
    sudo -u www-data sh -c 'T="../../trust";curl xoopsx.github.io/installer/install.sh|sed "s#<T>#$T#"|sh'
    • 画面表示
        % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                       Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
      100  1190  100  1190    0     0   3091      0 --:--:-- --:--:-- --:--:--  3090
        % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                       Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
      100   128    0   128    0     0    168      0 --:--:-- --:--:-- --:--:--   168
      100 11.3M    0 11.3M    0     0  1740k      0 --:--:--  0:00:06 --:--:-- 2494k
      cp: ディレクトリ `XoopsX-legacy-2bed870/xoops_trust_path/.' を省略しています
      cp: ディレクトリ `XoopsX-legacy-2bed870/xoops_trust_path/..' を省略しています
      cp: ディレクトリ `XoopsX-legacy-2bed870/html/.' を省略しています
      cp: ディレクトリ `XoopsX-legacy-2bed870/html/..' を省略しています
      ----------------------------------------
      All the processings were completed. Please acsess to your XOOPS site.
      
  3. ブラウザでアクセスすると XOOPS のインストーラが表示される。

お疲れ様でした。


*1 PHP 5.4 系でいいのなら、wheezy のままで問題ない。

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 775, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: 2015-04-12 (Sun) 23:43:53 (JST) (1555d) by web-master